ピクトさんの仕事っぷりに頭が下がるのである

毎日暑いですね〜。夏バテしてませんか?

もうねー、暑くってダルくって、余計なことしたくないんですよー。

だからちょっとブログはサボりがちになってきちゃいました〜。

しかし! この暑い中でも体を張って頑張ってる人々がいるんですよ!

ピクトさんの本

帯の言葉より

あなたも必ず見たことがある! あの可哀想な人。

「ピクトさん」とは

情報や注意・警告を表示した標識・看板などに描かれた絵記号(ピクトグラム)の中の人物のことである。

ピクトさんは、いつも酷い目に遭っている。転んだり、頭を打ったり、転落したり、はさまれたり。自らの体を犠牲にして、道ゆく人に危険を知らせてくださっているのである。我々はその痛々しいメッセージを、敬意を持って受け止めなければならない。

そんなピクトさんの活躍をみてみよう。

1 転倒系_直立歩行して以来の人類の宿命。

世界各地で見事なすべりっぷりである。

大の大人が転ぶとダメージが大きい。精神的にもかなりのダメージをくらうので注意が必要だ。

2 頭打ち系_人が頭を打つ姿は、なぜかお茶目だ。

頭上にも注意が必要だ。

この他にもいろんなシチュエーションで頭を打っているのだが、なんだか滑稽である。

だが笑っては失礼だ。ピクトさんが身を以て危険をしらせてくれているのだから。

3 落下系_人間には想像力があるが、翼はない。

かなり体を張っている。命がけなピクトさんである。

前向きに落ちたり、背中から落ちたり、真っ逆さまに落ちたり。

落下系のピクトさんは、この業界のエリートなのである。

4 かけこみ系_アンチ・スローライフ。

走り続けるピクトさん。

電車にかけこんだり、非常口にダッシュしたり。

そんなに急いでばかりいたら息が切れてしまうぞ。

5 つまずき系_都市に仕掛けられた小さな罠、それは段差。

たかが段差、されど段差、大怪我しないとも限らない。

この道数十年のベテランつまずき系ピクトさんと、弟子入り志願の若者との会話が載っているのだが、

「つまずき系なんてのは、日陰モンだぞ。……落下系、かっこいいと思うだろ。悪いこたあ言わねえ。あっちの道を歩きな」

うっかり感動してしまうのであった。

[番外]子供ピクトさん(ピクトちゃん)

ピクトさん業界にも子供タレントがいる。

お父さんお母さんは気が気ではないだろう。

6 感電系_人体は、導電性である。

かなりレアケースである。

なんだろうこの、まるで舞台俳優のようなバッチリ決まったポーズは。

さすがフランスである。

7 衝突系_人生、当たって砕けてはいけない。

あ、あぶない!

近頃は車道でも歩道でも邪魔者扱いの自転車。

「ごめん」では済まない事故にもなりかねないのです。

8 はさまれ系_ピクトさんドイッチ。

衝撃的な図である。

何故こんなことになってしまったのか。

何故ここまでしなければならないのだろうか。

[番外]手タレピクトさん

手専用モデルのピクトさんもいる。

あー! 取り返しのつかないことやっちまってるよー!

9 労働系_おつかれさまです。

一般業務もこなすピクトさん。

しかしこの後、何かしらのアクシデントに見舞われるような気がしてならない。

10 黒ピクトさん_罪を憎んでピクトさんを憎まず。

なんということでしょう。悪いことをするピクトさんもいるのです。

日頃の過酷な労働でストレスが溜まっているのでしょう。

ピクトさんの体調や精神状態が非常に心配です。

しかし、章の間に挿入されている「ピクトさんの休日」に少しホッとするのです。

タイトルとURLをコピーしました